DiSC®

iStock_000011860969Small(who is this)

|コース概要                                                                                                           

誰にでも苦手な人がいるものですが、ビジネスでは人の好き嫌いを言っていられないのも事実。そこでポイントになるのが、"苦手な人とも上手に付き合えるようになること"です。

アメリカの心理学者ウィリアム・マーストン博士が、そのためのヒントを示してくれています。

マーストン博士は、私たちがそれぞれ持つ、行動についての「動機」や「欲求」を解き明かし、その行動傾向を「D、i、S、C」の4つのパターンに分類し、DiSC®理論を確立しました。

「D」はDominanceで主導型、「i」はInfluenceで感化型、「S」はSteadinessで安定型、「C」はConscientiousnessで慎重型を意味しています。

ビジネスは数々の対人関係から成り立っています。DiSC®理論を理解・活用すると、「自分」や「相手」の言動の背景にある動機や理由が分かるようになります。

相手に合わせて自らの言動を調整できる能力を習得することで、あらゆるタイプの人と良好で効果的な対人関係を築けるようになります。

 


|コースの特長

「実際にやってみること」を重視した参加型のワークショップです

『DiSC® Classic』と呼ばれるアセスメントを使用して、対人関係における自分のコミュニケーション傾向を客観的に把握することができます

  これまで苦手だと感じていた人と上手に付き合うためのヒントを得ることができます

 


|期待できる効果

あらゆるタイプの人と良好な対人関係を築くことができるようになります

相手のタイプに合わせて円滑なコミュニケーションが取れるようになり、ビジネスの成果につながりやすくなります

苦手な人との接し方が分かり、コミュニケーションに自信が持てるようになり、ひいては対人関係のストレスが軽減されます

 


|受講対象者

より良いコミュニケーションを取れるようになりたい方、対人関係構築能力を高めたい方

[対象者と活用場面例]

 - マネジャー/リーダー: 部下やメンバーのモチベーションを高めるために
 - 営業担当者: お客さまに信頼され、頼りにされる営業担当者になるために
 - 事務職: スムーズな社内調整のために

 


|受講された方々からの声

ある人に苦手意識を抱いていましたが、その理由が分かりました。また、自分がどんな人間なのかを初めて理解できました

自分のやり方を無意識に押し付けてしまうことがありましたが、「自分のやり方がいつも正しいとは限らない」という当たり前のことに気づくことができました

仕事に対するモチベーションの源を知ることができました。今の仕事は自分のタイプに合っていることが分かって安心できました

良好な対人関係の構築、コミュニケーションだけではなく、顧客へのプレゼンなどにも活用できそうです

 


|コーススケジュール

2日間(9:30~17:30)

※ 2日間での受講をお勧めしておりますが、日程、内容は柔軟に設定することが可能です

 


|採用実績とねらい

流通: リーダーシップ研修における「コミュニケーション能力強化」のツールとして
IT・通信: コミュニケーション戦略における競合企業との差別化を図るため
大学: 大学生が将来のキャリアを考えるための自己理解ツールとして

 


DiSC-Logo


 

THINK ON YOUR FEET®へ

EQ(Emotional Intelligence)へ